プロフィール

浪江町復興支援員

Author:浪江町復興支援員
浪江町復興支援員、群馬駐在のブログです。
日々の活動やイベント情報などを紹介していきます。

拠点
  〒370-0069
   群馬県高崎市飯塚町
         46-6
     高崎子ども劇場内
  電話:080-9011-3214
  Fax:027-386-6453
  E-mail:sien_gunma@yahoo.co.jp   

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

夏季休暇のお知らせ

暦の上では立秋ですがまだまだ暑さが厳しいですね。
先日戸別訪問でお邪魔した柏崎では、車外温度がなんと43度(!)ありました。
皆様、お変わりなくお過ごしでいらっしゃるでしょうか。

さて、福島県浪江町役場 生活支援課 群馬県駐在では、
8/11(金)~16(水)の間、夏季休暇を頂きます。
その間に頂いたお問い合わせなどは、8/17(木)より対応させていただきますので、
何とぞよろしくお願いいたします。

ご連絡、お問い合わせは、
お電話で080-9011-3214(留守番電話に切り替わります)、
または、メールでgunma_sien@yahoo.co.jpまでお願いいたします。

これからも、残暑が続きそうです。体にはくれぐれもお気をつけください。
スポンサーサイト

7/21 アツまれ!夏休みの子どもたち!!に参加してきました。

少しお久し振りのブログ更新となりました。
暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

高崎市の小学生が夏休みに入った1日目、7月21日(金)に高崎市文化会館で行われた、
「アツまれ!夏休みの子どもたち!!2017」に、復興支援員群馬県駐在も参加させていただきました。

当日は、パネルを使用しての浪江町の紹介や、
大堀相馬焼、浪江町で栽培されたトルコキキョウの展示、うけどんの缶バッジ作りなど、
多くの方のご協力により、高崎の子どもたちや家族の方に浪江町をご紹介することができました。

0721展示
0721トルコキキョウ

また、こちらのブログでもお知らせしたタニケンさんのミニライブは、小さなお子さん連れの親子に大人気!
皆さんとても楽しそうでした。

0721タニケン

タニケンさんは震災後、福島県内でのライブを積極的に行われており、
去年二本松で行われた十日市祭にも出演されていました。
その時にお会いできたご縁で、今回のミニライブ開催にも繋がりました。

タブレットの撮れたて写真館への投稿を見て駆けつけてくださった町民の方もいらっしゃり、
私たち支援員も大変嬉しくなった1日でした。
これからも、いろいろなところで頂いたご縁を大切に業務を進めていきたいと思います。
ご協力、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

ぐんま暮らし応援会「遊・ゆう」に参加しました

こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。
各地で雨の被害が出ているようです、どうぞお住まいの地区の災害情報にご注意ください。


さて、昨日の7/12(水)、「ぐんま暮らし応援会」事務所(群馬県高崎市)で開催された、
交流会「遊・ゆう」に、群馬拠点の支援員2名が参加させて頂きました。

東日本大震災に伴い、群馬県に避難されている方が立ち上げた交流会で、
現在は月に一回ほど、お茶を飲みながらお話をしたり、
講師の方をお招きして絵手紙などの体験をされています。
浪江町の方もお二人、「ぐんま暮らし応援会」の支援員として参加されています。

今回は、「あなたに合ったかおりのアロマスプレーづくり」!
まずはチェックシートで自分の体質と、体質に合った香りを先生に教えてもらったら、
それぞれ自分の好きな香りのアロマオイルを数種類選んで、配合します。
遊・ゆう
これからの季節、虫除けやデオドラントに効果があるオイルも教えて頂きました。
皆さん真剣に選んでます(`・ω・´)
集合
それぞれとってもいい香りの、個性的なアロマスプレーが出来上がりました。
お昼を食べながらのお話も、とても楽しい交流会でした。
ご参加の皆様、誠にありがとうございました。

※「遊・ゆう」は8月はお休みだそうです。
 9月以降の予定などお知りになりたい方は、浪江町復興支援員 群馬県駐在までご連絡ください。

群馬県内を訪問中です。

ただいま、群馬県内を戸別訪問中です。
本日は夏の気温が日本一高くなることで有名な群馬県館林市へお伺いしました。

館林市には、分福茶釜のたぬきで知られる「茂林寺」というお寺があります。
お昼休みにちょっと寄ってみましたら、参道のお店に気になるものが・・・
相馬焼
なんと、大堀相馬焼(手前)が!
これだけではなく、湯呑みや花瓶、壷など様々な種類が並んでいました。
お店の方にお伺いすると昔からたくさん売られていたのだとか。

「今は土が違って、以前のままではないんだよ。家にあったら大事にしてね」とお話してくださいました。
ちなみに、今売られているものは以前の土のままのものだそうです。

皆さんも機会があれば、たぬきに会いに、そして大堀相馬焼に会いに是非訪れてみてください。
山門
お寺の中にも外にもたぬきがたくさんいます。
たぬき
境内にいる巨大たぬきは、台座が人の身長ほどあります…

また、これからお近くへ訪問した際に電話連絡をさせて頂くことがございます。
群馬拠点の電話番号(080-9011-3214)を携帯電話などにご登録お願いいたします。

「なみえ・絆フェスティバル」が安曇野市で開催されました。

5月28日(日)、安曇野さんろーど主催による「2017・なみえ絆フェスティバル」が
安曇野市三郷公民館講堂で開催されました。

信州なみえ会の19名と福島県からも招待された浪江町民30名が参加、
私たち群馬県駐在の支援員もおじゃまをさせていただきました。

会場は300名を越える来場者で講堂は満員!
あづみ野テレビのカメラ3台も設置され、規模の大きさにビックリしました。

フェスティバルは安曇野市長の挨拶ではじまり、
歌やケーナの演奏、武扇会の踊りでおおいに盛り上がりました。

また、大震災から現在までをスライドと町民の語りによる「浪江物語」では、
会場はしーんとなり、浪江町の状況について安曇野市の多くの方が聞き入っていました。

会のボランティアの方にお話をうかがったところ
「会の活動を通して知り合った浪江町の方から
大堀相馬焼を贈っていただき、大切にしているの」と
うれしそうに話されていたのがとても印象的でした。

安曇野さんろーどのみなさま、毎年福島県から浪江町民を招待していただき、
またこのようなイベントを催してくださりありがとうございます。

安曇野2017なみえ絆コンサート

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ